大阪で結婚式場をお探しのおふたりに、関西屈指の日本庭園と和風、モダンなウエディング。

庭園

太閤園が誇る日本庭園。
四季を織り成すその姿は、長く多くの人々の心を惹きつけてきました。

大阪という大都市の中心にありながらも緑多きこの庭園が今もこの地に存在する理由は、歴史的価値はもちろんのこと、多くの人々に愛されてきたからに他なりません。私たちがこの日本庭園を守り続けるのは、『お二人に大切な一日をここで迎えていただきたい』という私たちの「おもてなしの心」の表れ、そしていつまでもこの日本庭園を愛していただきたいという想いがあるからです。5年後、10年後、いつかまた太閤園にお越しいただいたその日にも、この庭園は変わらず美しい姿を湛えています。太閤園が誇る日本庭園、その魅力を皆様にご案内いたしましょう。

ふたりを彩る

緑豊かな庭園は
和装の花嫁姿はもちろんのこと、
ドレス姿の美しさも
引き立ててくれます。

迎賓館前に位置する石畳の晴れ舞台、
ガーデンチャペル「ヴァンヴェール」、
池にかかる一枚岩、緑の木々のトンネルなど…
記念撮影のスポットとしても人気です。

季節を感じる

お二人が選んだ大切な日は、
どんな季節ですか?

庭園を色彩豊かに染める四季折々の景色は、大切な日を鮮やかに彩り、いつまでも色あせない記憶としてお二人の心に刻まれるでしょう。木々が見せる表情、木漏れ日、水の流れ、風の音、大きな空。広大な庭園があるからこそ実感できるその日を、最大限に味わってください。

歴史を伝える

歴史の重みを感じる
築山式廻遊庭園

太閤園の築山式廻遊庭園には歴史ある石塔や燈籠、石仏などが数多く配されています。東大寺の塔の礎石として平安時代に創られたと言われる大伽藍礎石や西日本一と言われる一枚岩の石橋。園内の庭石には小豆島や生駒山などから自然の奇石・珍石が集められ、美しい造形美を生み出しています。歴史の重みを感じながら、ご家族皆様で散策してみてはいかがでしょうか。

ゆかりの品々

器やグラス、調度品など
数々の逸品

関西財界の雄であり美術品の収集家・数奇者でもあった藤田傳三郎男爵。その収集品は「藤田コレクション」として名高く、国宝にも指定されるほど。優れた審美眼を持つ彼が愛した器やグラス、調度品など数々の逸品は今も館内に展示され、訪れる人々を楽しませます。
由緒正しき空間で庭園を愛でながら過ごす時間は、訪れた人々の記憶にいつまでも残るでしょう。